施設長ご挨拶

2019.04.24
ページ一覧

仲間と積み重ねる様々な経験を将来につなげる

「いっぽ」では、基本的な生活習慣を身につけ、様々な活動を通して社会性や自己肯定感を育むお手伝いをしています。
一日の活動の流れを文字や写真・映像で視覚的に表し、子ども一人ひとりに合わせた環境を設定して生活習慣を身につけられる工夫をしています。
また、身体を動かしたり、音楽に触れたり、おやつを作ったり、創作活動をしたり、お買い物に行ったり、公共施設等へお出かけしたり…たくさんの活動を行っています。
このように生活の中のさまざまな経験を仲間とともに積み重ねていくことで、人とのコミュニケーションの取り方を実体験の中で体感的に学び、経験したことが子どもたちの自信に繋がるよう取り組んでいます。
子どもたちが学校や家庭、そして将来は社会人としてさまざまなコミュニケーションの中で、少しでも生きやすく楽しく暮らしていくことを目標とし、支えていきたいと思います。

児童発達支援管理責任者
下田 路子