いっぽについて

2017.03.15
ページ一覧

いっぽ外観

放課後等デイサービスとは?

障がいをもつお子さんが、日常生活における基本動作を習得し、集団に適応することができるように支援するところです。学校が終わった後や、長期休暇時に利用する施設です。

「いっぽ」では・・・

「いっぽ」では、さまざまな活動を通して社会性や自己肯定感を育み、基本的な生活スキルの習得するお手伝いをしています。

アットホームな雰囲気で、仲間と共にさまざまな経験を積むことで、子どもたちの居場所となっています。仲間意識を大事にし、人とのコミュニケーションのとり方を実体験の中で体感的に学んでいけるように支援しています。

 具体的な主活動では、身体を動かしたり、音楽に触れたり、おやつや作品、野菜をつくったり、お買い物に行ったり、公共施設等へおでかけしたりします。また、自分たちで暮らしをつくっていくことも大事にしていて、掃除やおやつの準備などみんなで協力して行えるように取り組んでいます。

 子どもたちが、学校や家庭、そして将来、社会人としてさまざまなコミュニティの中で、少しでも生きやすく楽しく暮らせるようになるためのお手伝いをさせていただきたいです。

サービス提供日

月曜日~金曜日 午後2時30分~午後5時30分
土曜日および長期休暇 午後1時30分~午後5時30分
年末年始(12月29日~翌1月3日まで)
国民の祝日
その他(法人が定めた臨時の休日)

職員の状況

施設管理者 (1名)
児童発達支援管理責任者 (1名)
常勤指導員 (2名)
非常勤指導員(3名)

法人概要

社会福祉法人 太陽
理事長 榊原千恵美
本部所在地/ 半田市西大矢知町4-61-1

園舎の様子

いっぽ いっぽ いっぽ いっぽ

アクセス