保育について

2019.06.11
ページ一覧

基本理念

共に生きる力と心を育む

自ら遊びを創りだせる子に
自ら危険を回避できる子に
人と共に協力的に考えていける子に

保育目標

何事にも共に協力的、建設的に考え行動出来る大人になるには、幼児期にどんな環境を用意したらいいのでしょうか。次の世代を創るこどもたちの数十年後を描いて、乳幼児期の育ちの方向を確認し、保育者が保護者と共に考え一緒に子育てが出来る、成熟した大人社会の中でこどもたちの育ちを見守ります。

保育方針

保育園とは、子ども同士で思いっきり遊び、コミュニケーションを通して、生きる力を育んでいくための大切な場です。楽しく遊んで、おいしく食べて、すやすやと眠る。0、1、2 才児は安定した暮らしのリズムのなかで、心身共に健康的な状態を体得していきます。
子どもの中に芽生えた好奇心と意欲は、お友達とのかかわりの中でどんどん膨らんでいきます。時には泣かされたり泣かしたりしながら、子どもは自分自身の感性と保育者との関わりの中で「仲良くやっていく方向」を見つけていきます。わかば保育園は自ら育とうとする子どもたちを温かく見守ります。

職員の状況

園長、調理員 各1 名
0歳児担任(2 名)、1歳児担任(1 名)
2歳児担任(1 名)、早朝・延長担当(3 名)

クラス編成

0歳児 … 6 名
1歳児 … 6 名
2歳児 … 6 名

子どもたちの生活

時間 0歳児~2歳児
8:00 登園・所持品整理
健康観察
あそび
9:00 片付け
授乳・水分補給
あそび
11:30 食 事(授乳)
昼 寝
14:30 おやつ(授乳・水分補給)
降園準備(健康観察)
15:30 降 園

※随時、個々に合わせて排泄・おむつ交換をする