施設長ご挨拶

2021.05.20
ページ一覧

今年5月、既存の多機能型事業所あおぞら(児童発達支援事業所)より0~5歳児向けの児童発達支援事業所として新たにスタートすることとなりました。
0~5歳児さんがより過ごしやすいように、より良い支援を提供できるようにと願って造られた施設です。
大きな特徴としては、身体づくりを念頭に置き、感覚統合あそびができる環境・ルールのある遊びに取り組めるための専用の園庭が設けられています。
また、小学校進学に向けて、個別課題(個々の成長を促す課題)から自立課題(一人で集中して取り組み、始まりと終わりを自分で行う課題)へと切り替えていく支援を行っていきます。
あおぞらで培った「子どもたちの自己肯定感を高める支援」を基盤に、さらに子どもたちが集団の中で過ごしやすくなるための支援を行っていきます。

施設長 稲垣 淳一